AX

大航海時代Online Eos鯖 思い立ったら船出しよう。

--.--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2011.09.07.Wed 伊達政宗をチラ見した日――江戸

 8ヶ月の休止期間中に髪が伸び、夏だから日焼けしたbambinoです、こんばんは。9月になったので美白しました。

 2011.01.07 東南アジア 入港許可
 2011.01.07 南太平洋 入港許可
 2011.08.10 中南米西岸 入港許可
 2011.08.25 パナマ運河 航行許可
 2011.08.26 スエズ運河 航行許可
 2011.09.01 東アジア 入港許可

ダンジョンの隠しキャラみたいな伊達政宗

 9月5日の話。
 すべての港を開く為、航海しまくった夏の思い出はフランス娘と同じなのですが、東アジア勅命を終え、商会定期船で長崎へ渡り、港を発見してから一度戻って紡績商に転職し、一時的に縫製スキルを取って再び商会定期船で長崎へ。
 ジャカルタでアヒルから毟った羽毛を大型キャラックと副官船のピンネースに満載して進物に回った日。この日の夜、安全海域期間が切れるという時間との戦いでした。

 wikiによると、羽毛で必要進物度1000を稼ぐには、長崎200+淡水300+浦項300+澳門300。船倉が1001なので、2往復しなければなりません。

 開拓地に納品するつもりで集めて持っていったギリシャ神の護符やギリシャ女神の護符が、東南アジアでは納品出来なかったり、重慶の存在をスルーしていたり、東アジアはNPCがいなくて楽だなーと高を括っていたら巣みたいな場所に通りかかって囲まれたりと、無駄な時間を喰いながらも、東南アジアと東アジアをぐるぐる。
 勲記集めに東アジア勅命も二度こなしたりして。

 羽毛は進物には使えても南蛮貿易には使えないと聞いていたのですが、淡水の造船特需に当たって、余った羽毛を思いがけずボレイと交換することが出来ました。

初めての南蛮貿易 in 淡水
「ボレイって何?」って思いますよね?
 牡蠣の殻を粉末にしたもので医薬品だそうです。鶏の餌じゃなかったっけ……。

 イタリア・南仏で強いボレイを選んだのですが、よく考えるとヴェネツィアはバルカンにも同盟港を持っているので、アイギョクで良かったんだなぁ……。

 2往復目はボレイと見間違えて(←)アイギョクを選び、戦争状態だった澳門に持ち込んでから気づいたという最早この時点で俺はへとへと。
 アイギョクを単眼銃に換えて、それをまたアイギョクに換えたのですが、増えると思っていたら40くらい減ってしまいΣ(・д・`*)
 南蛮貿易って難しい……というか、ゲームみたいで面白いなぁ。
 この日、bicheも東アジアの港開きと進物をこなして、二人共に欧州に戻らなきゃいけなかったのですが、記念程度に南蛮品を持っている俺は何としても航海して帰らねばならず。
 時間差でベルベットを進物したbicheの方は、余ったベルベットも、ベルベ織りしたヤーデインで仕入れた沈香も交換できる南蛮品がなくて収穫はなし。ベルベットと沈香が勿体ないものの最悪、商館定期船で帰ることが出来ると考えていました。

 堺でクエスト『栄養たっぷりの食材』を請け負ったのが17時、インド洋・東南アジア・東アジアの安全海域期間が終わるのが20~21時。
 ケープ周りなら2時間あれば帰り着けるだろうと、クエのバナナを仕入れにマニラに立ち寄ったところで、マルセイユ商会の副会長rinkさんとねこなべさんが交易商前に!!!
 そう言えば昨夜、ジャカルタ行きの定期船に乗ってたなぁ……。
 乗船代をケチった俺は商会定期船を使ったのですが、長崎―ジャカルタで18日のロス。
 正直、ぐだぐだに疲れ切っていた俺には、二人の周りにオーラの放射が見えました。

 一人で出来ることはなるべく自力で、と考えているものの、ここまでが念願の一区切りだったので、どうしても早くやり遂げてしまいたいと気が逸っていたのですよね。

「連れて帰ってくださいー」とお願いしてしまいました。

 マニラで銅鉱石を積み込んで、これから東アジアを周るというお二人にくっついて南蛮貿易の見学。
 rinkさんのblogで南蛮貿易の記事を読みましたが、まだよく分かっていないながらも只管に凄い。凄まじいスピードで港を周って交換していくついでに、通りがかりにクエストを達成したりもしています。
 江戸では、伊達政宗に呼ばれたと言って、謁見に追従させてもらえました。
 褒賞で貰った紋付羽織袴はもう何度も受け取っているらしく、スライドするように戴けるラッキーも経験したり。

 そんなこんなで最後の港、淡水を出航したのが18時頃だったかな。よく喋っていたけど、集中力は皆無でした。
 60日分の水を積んで、ノンストップでマルセイユまで連れて帰ってもらいます、が、rinkさん達の船は水0、食料0で、南蛮品満載と、これも凄いテクニックです。
 途中嵐で荷崩れを起こすも、62日か65日(うろ覚え)でマルセイユ到着。
 俺が大型キャラックで、カリカットからヴェネツィア直行で87日だから、本当に速いです。
 bicheは、カリカットからマルセイユ直行で72日か75日(やっぱりうろ覚え)だったから、俺が遅いのか……。(同じ船なのに)

 しかし南蛮貿易は、wikiや南蛮ヘルパーを参考にしても思ったようには交換できません。
 一度慣れた人にくっついて交換品の見方や考え方を勉強した方がいいな、というのが実感でした。
 帰り着いてから倒れ込むように爆睡したという話は、言うまでもなく。

 rinkさん、ねこなべさん、いつも本当にありがとうございます(〃_ _))

bambino | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://paradisus.blog.fc2.com/tb.php/55-f98b5e52
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。