AX

大航海時代Online Eos鯖 思い立ったら船出しよう。

--.--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2011.01.07.Fri 二人旅はやや楽しい。――大西洋

 DOLと日誌は完全RPを続けていきたかったのですが、二人を知っている人が増え始めるとこっ恥ずかしいというか……中々難しいですね。俺はアドリア海の箱入り息子のbambinoです、こんばんは。
 アフリカ、インド、東南アジア勅命、紅海、中南米東岸周航を終えて、欧州へ戻って来ました。
 年始から丸一週間航海できなかったので、12月27日の出航時から12日目の帰還です。長くかかっちゃったな。
 年末年始の冒険譚は後日アップとして、今日は近況日誌。

初めて副官船と共に

 商会の会長さんからいただいた商用サムブーク。帆はいただいた時のまま、ちょうどクリスマスから乗り始めたので“Bethlehem Star”と名付けました。帆の可愛さに紋章はちょっと邪魔っけなので付けないことにして。
 カリブの安全海域期間を丸々逃してサンアントニオを出発、大西洋を北上します。

カラカス

 一番の目的だったバイーアで航海技術を覚え、ヴェネツィアの開拓港カラカスでオーブを納入したりして、ヴェラクルスで管理技術を習得。
 新年早々使えるようになった副官船――俺がアフリカを旅する為に造ってもらったキャラック“Exodus”ですが――のお試しを兼ねて、インドから持ち帰った交易品にカリブの名産品も少し積み込んで、楽園の日没を背にして航路は東へ、欧州へと。

日没を背にして、大西洋を東へ

 ところで、副官船の給料の話。
 サンファンを発つ時に多めに引き出したつもりの10万Dが、ヴェネツィアに着いた時は4,000Dになっていました。万が一のことを考えると給料分だけで保険のアップが必要になります。半端な交易で使えるものじゃないんだなぁ……とつくづく。
 そして到着目前まで難を逃れてきた土産程度の交易品も、ヴェネツィア湾に入る手前でついに火災が発生して乳香が燃えたという。毎回これ、お約束ですか?(゚Д゚)
 交易より冒険、とはいえ、防火スキルのない副官を選んでしまったので、二人目の雇用にはこの辺りのフォローを考えないといけないですね。

東南アジアの入港許可を手に入れた!

 離宮にて東南アジアの入港許可を手に入れ、続いて始まった世界周航イベントのオープニングで南太平洋の入港許可も手にしました。

新しい旅へ

 また新しい旅と冒険が始まります。
 その前に、新年のLiveイベントに参加して、船の強化に取り掛かる予定の俺の近況でした。

Euros | cm(1) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://paradisus.blog.fc2.com/tb.php/30-4108b833
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
3. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011.02.21 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。