AX

大航海時代Online Eos鯖 思い立ったら船出しよう。

--.--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2011.01.06.Thu ダンジョンと勅命とサバイー島と沈没船と――アブ・シンベル神殿他

 倉庫を共有している見知らぬヴェネツィア人がカリブから帰還した頃、海事上げに勤しんでいたbicheです、こんばんは。

 2010.11.26 アフリカ西岸 入港許可
 2010.12.06 南大西洋 入港許可
 2010.12.11 アフリカ東岸 入港許可
 2010.12.13 紅海 入港許可
 2010.12.14 インド洋 入港許可
 2010.12.24 カリブ海 入港許可

 ギリギリまでLiveイベントを終わらせていなかった私も、クリスマスイブにカリブ海の入港許可が下り、長崎行きの商会定期船に二回(!)乗り遅れた機会に、イブの大冒険を経験させていただくことになりました。

 マルセイユの交易所で交易品を売り払い、私を見つけてタンバリンを叩いているお友だちの横を走り抜けて出航所へダッシュする私。……けれどもタッチの差で定期船に乗り遅れ、すごすごと友だちの元へ戻って 。・゚゚・(>д<; )・゚゚・。 ←泣いていると、彼女と彼女のお友だちの見るからに強そうなマッチョな男性が、何やら私を何処かへ連れて行ってくれるよう。
 陸戦用の装備を何も持っていないので、鎧と剣をお借りして出航所へと。
 沈没船かな? と想像していたら、突然アブ・シンベル神殿にワープしてぶっ飛んでしまいました。(*゜д゜))) どっひゃー!

アブ・シンベル神殿のダンジョン

 どんどん開けられていく宝箱、始まる戦闘。
 陸戦用小道具も持っていない、サンタ帽とファーブーツの半端なトレジャーハンター(私)は、殆ど役に立たないまま参戦しています。

アブ・シンベル神殿のダンジョン

 しかし、そんな私の足手纏いっぷりを物ともしないで、お友だちアマリアさんと、彼女のお友だちは強かった。
 金、銀、宝石、宝石細工など、お宝がザクザクと船倉に貯まっていきます。
 アブ・シンベルに侵入すること三回、ついに私はダンジョン酔いでダウンして(←これから先大丈夫なのだろうか、かなり不安)、二人にお礼を言って休憩。
 時間を置いて休憩後。
 アブ・シンベルで手に入れた高価な交易品を売り捌いて船倉を空けると、再び定期船を目指してダッシュ――……そして、二度目の乗り遅れ……。_ノ乙(、ン、)
 商会チャットでしくしくしながらPFの話など伺っていたら、いつもお世話になっているねこなべさんが縫製向きのPFサバイー島へ連れて行ってくれるというお話。南太平洋の真っ只中にあるPFは、私にとって遠い発見になると考えていただけに、ほくほくとお願いしてしまいました。

ねこなべ : もしよかったら一緒に行きますか??
biche : はいーヽ(*´∇`)ノぜひー!
biche : 行く機会には誘ってくださいませーヽ(*´∇`)ノ
ねこなべ : うん^^これからでも大丈夫?
ねこなべ : いいですよ〜^^
biche : 今からですか!?(゚Д゚;) いつ帰って来られるんですか?(゚Д゚;)
  (リアル2、3日くらいかかると思っていた)
ねこなべ : えっと、
ねこなべ : サバイーまで1時間くらいかかるので、
ねこなべ : 往復2時間くらいかな^^;
biche : そ、そんな程度!!(゚Д゚;) えと、南米方面から行かれます?
ねこなべ : うん^^
biche : えとえと、もし良かったら
biche : 中南米勅命の上陸地点に寄っていただけますか?><;
  (ちょう渡りに船でお願いする都合の良いわたし><)
ねこなべ : うん^^
biche : ヽ(*´∇`)ノわーい  じゃ、請けて来ますー ダッシュ!


 私が選んだ勅命は「新大陸進出の脅威」。生態調査3、生物学5で大型生物ボアを発見するというもの。生物学を銀の手鏡でブーストして、さぁ出発です。

rinkさん、ねこなべさんと、いつも一緒のイルカと共にサバイー島へ出発

 南米北東岸の勅命地以外はノンストップで往復するというので、水、食料、資材を積み込み、PFを移転する為引き出したウシをノアの箱舟の如く載せたまま、rinkさんの快速商大クリッパーと、ねこなべさんの快速沙船に引っ張ってもらいます。
 クリッパーが速いのは誰でも知っているけれど、縦帆500を超える沙船の向かい風航行性能は、本当に凄い!

南米北東岸へ立ち寄って、勅命達成

 南米北東岸のジャングルの中にも付き合っていただいて、ボアを発見。
 私は観察を持っているのですが、欧州での発見って目標物からの目測でも案外見つけられたりしました。けれどもこのクエストは目標物から発見地点が見えないほど遠く、観察がない場合は、代替アイテムを多めに持って行っておかないと達成は難しいだろうなと感じました。
 ところで、生物学の発見って、虫とか爬虫類とか多いですよね。可愛い動物や綺麗な植物を見つけるだけなら夢多き学問なのですが、毒虫とか、密林の中の大蛇って、本音は見つけたくなかったりします!(>д<; )
 発見物のビジュアルがカードで良かったと、心底ほっとした瞬間でした。

 勅命を達成し、南米大陸を離れて太平洋へ。
 速度上昇率89%なんて数値を目撃して、ビュンビュン具合に驚愕です(゚д゚*)! マルセイユを出航してから51日目にサバイー島へ到着しました。

サバイー島へPF移転

 メンテナンスに来てる人の船や、絶海の孤島のこんな場所にも居る海賊(NPC)に驚きながら、PF移転完了。ファームのビジュアルはどの島も変わらないのですね。
 次からは何とか一人で来られないこともない……かもしれません。頑張ります。

 さて帰り道、ブエノスアイレス沖で、rinkさんが沈没船を引き上げるということで、初のサルベージ見学。

初サルベージ見学

 海底から沈没船が上がってくる様子は、本当にドキドキします。
 rinkさんが沈没船を曳航して、私はねこなべさんに追従してブエノスアイレス出航所へと。そこから沈没船内へGo……なのですが、ここでも役立たずのサンタ服(Liveイベント中断中)の私。

沈没船内で戦闘

 沈没船内での戦闘では為す術がなく、rinkさんのメッチャキュートな錬金術師の帽子を奪われたりしながら(>д<; ) 何とか探検を終えて、マルセイユへ帰還しました。

中南米東岸の入港許可を手に入れた!

 数々の冒険を経験したクリスマスイブ。
 この後、以前の記事の通り商会定期船に乗り、マルセイユ―長崎を二往復したこともおまけの冒険です。(>д<; )

 今年は陸戦に強くなるから!ヽ(゚Д゚*)ノ


 補記
 サバイー島への往復路で、積荷のウシが次々と五頭の仔牛を産みました。クリスマスイブの生誕ですが、ジーザス1、2、3、4、5と名付けられたこの聖なる仔牛たちは、インドと東南アジア勅命へ旅立つ前にマルセイユ銀行の裏庭に預けられています。
 クリスマスディナーにはしてないもん!(>д<; )

biche | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://paradisus.blog.fc2.com/tb.php/29-c3669911
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。